<% content.title %>スポンサードリンク




アウトドア&フィッシ

ング ナチュラム

アイナメ釣りの準備をしよう

アイナメ釣りは全国各地で盛んですね。

ここでは、投げ釣りぶっ込み釣りでのアイナメ釣りを対象にします。

アイナメは白身魚でおいしい魚です。

鮮度の良いアイナメを食べるにはりをしないと、難しいです。

魚屋さんでアイナメはめったに売っていません。

万が一、あっても最近のスーパー等では調理済みとかいってウロコや内臓が処理されていて鮮度が分かりにくい状況です。

特に、大型のアイナメは店頭で見ることはありません。

鮮度の良いアイナメを調達出来る手段は釣りしかない!

さあ、まずは道具をそろえるのですが、その前に身近な釣り場(環境)をいくつか調べてみましょう。

釣り場の環境によって若干道具が変わります。

身近な釣り場は岸壁ですか?砂浜ですか?砂浜に突き出た突堤ですか?

はたまたゴロタ浜ですか?

潮の流れは速いですか?緩やかですか?

釣り場の調査が終わったら具屋に行き、「アイナメ釣りを始めたいのですが、道具は何がいいでしょうか」と言って釣り具屋の店員さんに聞きます。

このとき、調べてきた釣り場の環境を店員さんに伝えます。

釣具屋さんによっては、その釣り場を知っていて色んな事を教えてくれる場合もあります。

具屋さんを選ぶコツは竿やリール等の比較的高額な買い物は大型の釣具屋さんを選ぶこと。

品揃えが豊富ですしね。

スカスカの具屋はハッキリ言ってダメです。
やる気なし。

そして、カタログ、取り寄せ、高額・・・
道具はすぐに手に入らないし、値段も高くなっちゃいます。

小型の釣具屋さんはあまり在庫持てないんです。

準備するものは、

竿リール道糸力糸ハリスオモリ天秤釣り針サルカン(スナップ付き)といった所かな?

最近は仕掛けそのものは出来合いのものがありますので、それを利用するのもいいかも知れません。

根掛かりの多いポイントでは、針数は少なめ(1〜2本)にしないと痛い目にあいます。

遠投の必要の無い釣り場ではあまりいい道具は必要ありません。

基本はエサ付けて投げ込めればOKです。


ここで釣りのマナーの話をしましょう。

大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」

海でも川でも湖沼でもり人のマナー向上をめざしましょう!


■スポンサードリンク■

posted by ラテスJP at 14:37 | アイナメ釣りの準備をしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


アフィリエイトならリンクシェア
<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。